気ままにシズオさんブログ。

ブログをはじめてみた!気ままに日常のことでも書いてくよ。

春から初めての一人暮らし・お部屋探しで困ったこと

はじめに

 一人暮らしをしたい!しかし右も左も分からない…というところからスタート。今回は自分が部屋を探して見つけるまでの経験談を書いてみたいと思います。誰かの参考になれば幸いです。

 

 

 

①お部屋探しアプリでお部屋探しをしてみた

 とりあえず、最近は部屋を探すとなるといきなり不動産屋にいくよりかは、ネット環境があるのであれば個人でも空いている部屋を探せるということをTVCMなどで知っていたので、自分はiPhoneアプリの「ニフティ不動産の賃貸物件アプリ」と「SUUMO」(スーモ)をインストールして、仕事終わりの時間や通勤の電車の中で部屋を探していました。

 

②まずは住みたい地域から選択

 これから一人暮らしで、都内で部屋を探すとして自分はまず住みたい地域を決めました。さすがに住めればどこでもいいというわけにはいかないので。参考としてSUUMOの「住みたい街ランキング2019」を参考にしました。吉祥寺、池袋、恵比寿、目黒、品川あたりの、山の手線あたりはやはり人気があるようでした。自分はそれを参考にしつつ、実家や職場の場所を考慮して品川近辺で部屋を探そうと決めました。といっても主要駅周辺は人気のため、家賃が高い、そもそも空いている賃貸物件の募集がなかったりとかなり難しい印象でした。

 

 なので品川という主要駅からさらに絞り込み、自分は「京浜急行電鉄」の駅を中心に部屋を探すことにしました。京急線は東京から神奈川県にかけて続く路線であるため、その中でも駅を10個ほどに範囲を絞りました。

 

 

③自分がお部屋探しで重視したこと

 不動産屋に行っても同じことなのですが、お部屋を決めるポイントは何ですか?と必ず聞かれます。自分がお部屋探しで重視していたことを箇条書きで書いてみたいと思います。

  • 家賃6万以内
  • 築年数(なるべく新しい)
  • 建物構造形態(木造はNG)
  • 駅から徒歩10分圏内
  • 1K以上で6畳以上の広さがあること
  • 収納があること
  • +アルファで分譲マンション

家賃6万以内

 なぜ家賃6万以内に設定したかというと単純にそれ以上払うと生活に支障をきたすからです。それ以上でもそれ以下でもないですね。


築年数

 築年数と形態は家を選ぶ際、かなり重要であると感じました。部屋を探していると、おっ!安くて良さげな物件があるじゃん!!と詳細を見ると、自分が実際に見かけたものを例に出すと、部屋のトイレがまさかの和式トイレ、部屋にシャワールームすらない、などこれはさすがに無理という物件をいくつか見かけました。当然ながら築年数は新しければ新しいほど良いです。

 

建物構造形態

 自分がNGな建物形態はズバリ「木造住宅」です。個人的な考えではありますが、自分の家というのは完全にプライベートな空間であり、隣りから話し声や物音、時計のアラーム音やドアを締める音、洗濯機を回す音などが聞こえるということは絶対に絶えられないです。逆に自分の生活音が他人に聞こえてしまうこともまず無理です。これらのことから、木造住宅の物件は完全に除外しました。

 

 一応、詳しく調べると建物構造は全部で8種類あるそうです。

1 建物構造の種類8選
1.1 鉄筋コンクリート造(RC造)
1.2 重量鉄骨造(S造)
1.3 軽量鉄骨造(S造)
1.4 木造(W造)
1.5 鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)
1.6 コンクリート充填鋼管構造(CFT造)
1.7 アルミ造(AL造)
1.8 コンクリートブロック造(CB造)

 

 自分が部屋を探していて、実際に見かけた物件は、上記でオレンジ色の構造物件です。断トツで多かった物件は「木造住宅」でした。実際不動産屋に一番良い構造の物件を聞いてみたのですが、耐震性や防音という観点から「SRC・鉄骨鉄筋コンクリート造」が一番良いですよ!と言われました。

 


駅から徒歩10分圏内

 駅から近い物件を選ぶ理由は、通勤で電車を利用するためです。雨の日なんかを考慮すると駅から近いにこしたことはないです。


部屋の広さは1K以上で6畳以上

 家賃6万までで部屋を探していると、部屋の広さで断トツに多いのが「ワンルーム」です。一人暮らしって言えばワンルームなんて思っていましたが、冷静に考えて自分けっこう料理するのですが、ワンルームで料理なんかしたら匂いやばいよな…と。布団やソファに匂いが付いたらと思うと…その度に部屋の換気・ファブリーズというのも考えものです。なので部屋とキッチンが区切られている「1K」は最低条件としました。

 

収納があること

 部屋探しで意外と穴なのが収納。よーく見たら収納ない部屋ってのはかなり見かけました。スーツやコートを収納する場所すらない部屋をいくつか見かけましたが、まあその地点で除外ですね。洋服を部屋で野ざらし保管ってのは個人的にナンセンスです。

 

+アルファで分譲マンション

 分譲マンションに惹かれた理由として、ゴミがマンションの敷地内で24Hいつでも出せること、コインランドリーが付いていること。この2つは自分の不規則勤務時間的にかなり有り難いです。このおかげで部屋にゴミが溜まることもありませんし、コインランドリーのおかげで洗濯機をいつ回そう?など悩むこともありませんし。

 

 

④不動産屋へGO!!

 ということで、ここまで条件を色々考えてから不動産へ行きました。むしろ2件目の不動産の予約をしたときは事前にアプリなどで気になる物件をお気に入り登録しておいて貰えると助かりますと言われました。ひとつ注意したいことが、ほとんどの不動産屋は水曜日がおやすみのところが非常に多いということです。これを知らず、初めて不動産屋に行こうとした日がたまたま水曜日で近場の不動産はどこも休業で苦労しました。

 

 契約書類記入についても困ったことがあり、自分の住所やら職場の住所などは問題なくスラスラ書けるのですが、「連帯保証人」という記入欄があり、親の生年月日やら年齢、職場住所を書く欄が…自分は親の詳細情報をほとんど知らなかったのでこれはぬかったなーと思いました。

お部屋探しの結果は??

 ここまでの条件を満たす部屋は本当にあるのかとかなり不安だったんですが、なんとありました!!!!分譲マンション+SRC+1K以上+駅から徒歩5分+収納あり+家賃ピッタリ6万!!!!ただ、不動産屋が言うにちょうど前の住人が退去したばかりで、かなり運が良いと言われました。やはり良い物件はすぐに消えてしまうみたいです。ちなみに同じような物件は付近にも2,3件ほどあり選択肢はかなりあるほうでした。欠点といえば部屋に洗濯機がないことくらいじゃないかと思います。

 

その他、自分が部屋を決める際スルーしたこと

礼金・敷金

例えば、自分は家賃6万の物件を借りましたが、ここに礼金・敷金が付くとこれだけでさらに初期費用+12万です。自分の場合貯金もありますし、敷金・礼金ゼロもいくつか見かけましたが、それを探す条件に入れてしまうと理想の部屋はまず見つからないためスルーしました。

 

部屋が1F&オートロック

 女性の方はこの辺りを重視するそうです。まあ防犯上当然ですよね。現に自分の地域でも空き巣が多く怖い部分はあります。ただ、自分は男ですし、仮に空き巣に入られても特に取られて困るものもないですし、このあたりはスルーしました。

 

ユニットバス

人によっては風呂とトイレ一緒なのが嫌という人は多いかと思いますが、、、自分も正直イヤではありますが、ユニットバスが嫌だと条件に入れてしますと、まず家賃6万以下では見つかりません…。これに関しては仕方なくユニットバスという印象です。

 

 

追記;事故物件について

 普通に気持ち悪いのであまり書きたくはないですが、不動産屋に行った時事故物件も紹介されました... 。ちなみにその時見かけた事故物件に住むつもりは全くなかったのですが、不動産屋さんが変に気を利かせて空いてるか電話をしてくれました。たしか1Lで特急の止まる駅から徒歩5分みたいな。案の定他の人が契約を決めたとのこと。

 

 さらに、そのあと会社の上司にも物件のことで色々お話を聞いていたのですが、そしたら「大島てる」という事故物件紹介サイトを教えて貰いました。幸いにも自分の決まった部屋や建物にはそのような記載はありませんでしたが、自分が探していた地域の周辺はかなり事故物件が紹介されていました... (自殺、孤独死、首吊り、飛び降り、刺殺、殴殺、焼死体など...)

http://sp.oshimaland.co.jp/#map

 

以上で、個人的なお部屋探しのプチレポートを終わります。引っ越しが終わったらもう少し詳しく色々書いてみたいと考えています。